« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004.11.21

戦争について

長引くイラク紛争に悲しい思いをされている方も多いことと思います。

私が戦争や争いについて日ごろ考えていることはひとつです。
「力で制することからは憎しみしか残らない。」

実際の当事者にとってみれば、食うか食われるかの崖っぷちに居るわけで、
上記は何の役にも立たないとは思うのですが、人間の信条、主義主張、考え方は
それぞれ異なるのが当然なので、力をもってこれを自分のそれに同化させること
は不可能ではないか、代わりに憎しみだけが残り、一時は制覇できたように見え
ても、またぞろ紛争が起きるだけでなかいかと思います。

では、永遠の平和を得るためには何が必要なのか、それは難しい問題ですが、
私には、人類が過去からずっと課題にしてきた、これからもずっと課題であり
続けるであろう、「無条件の愛」しかないと思います。

理想論であり、現実の紛争を即座に解決する役には立たない考え方ですが、
私は、どんな人にもそれぞれの差異を認めながら愛を向けることができなければ、
地球上には真の安寧が来ないと思います。
非常に難しい試練です。一人一人の人生の課題であり、セカンドステージへ上がる
ための人類全体の課題でもあります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.11.10

10年ぶりか、それ以上ぶりに風邪引いた

第1回市岡芋づる会が無事終わってほっとしたのか、
日曜日から咳が出て、のどが痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

第1回市岡芋づる会、何とか成功!

11月6日午後6時、九条の宵望都に27名が集まった。
期も違う卒業生が、旧知の間柄であるかのように
すぐに打ち解けて語り合い、歌いあう。
市岡マジック。
「縁」というものの不思議さ、ありがたさを
痛感する。

大役を果たせ、ホッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »