« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.29

スマトラ島沖地震

それにしても年の瀬に大変な地震が起こったものである。
犠牲者数が5万人を超えたという報道もある。
日本人も現時点で4名の死者が出ている。
犠牲者のご家族の皆さん、被害にあった方々の心中いかばかりかと胸が痛む。
各国に早期警報のシステムが完備していれば、犠牲者の数は大幅に減らせたはずと思うと、残念でならない。
今年は、日本でも台風や地震による被害が多く出て、自然の力をまざまざと見せ付けられた1年であった。

思い起こせば、阪神大震災からまもなく10年が経とうとしている。
あの地震も生きた心地がしなかった。
今でもあの瞬間の恐ろしさがまざまざと蘇ってくる。
私は、あのとき既に起きていた。嫁さんが持病で入院していたので、幼稚園に通っていた2人の子供のお弁当を作るところであった。
突然ガタガタと揺れ出した。「いつもよりちょっときついな。」と感じたが、そのうち納まるであろうと待っていても揺れはだんだんひどくなるばかり。
そのうち立っているのも苦労するくらいの大揺れとなった。
「やばい!」
2階で眠っている子供たちのことがとっさに頭をよぎり、夢中で階段を駆け上った。
階段は大きくガタガタと揺れ、隙間から木屑が出てきた。
別々の子供部屋で眠っていた寝ぼけ眼の2人の子供を両脇に抱え、一目散に1階に下りて外へ出ようとしたところ、ようやく揺れが納まった。
子供を助けるために飛び出したDKを見ると、棚は倒れ、食器棚からは食器がほとんど全て飛び出して床に散乱、冷蔵庫さえも数十cm動いていた。
その場所に居たら自分が怪我をしているところであった。
テレビのニュースで大きな被害が出ていることを報じていた。

阪神大震災の時、各地から大勢のボランティアが集まって、罹災者の救援活動を繰り広げてくださった。
私は、あの時、人類が何かひとつ階段を上ったような気がした。
「愛」の実践ができる人が増えてきたように思う。
災害の被害の大きさとは裏腹であるが、人間はその都度成長していくように思えてならない。

スマトラ島沖地震も、人類がさらに1階梯を上るトリガとなればと願ってやまない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.12.28

マイホームカウント100人目

Echoo!マイホームのアクセス100人になりました。
100人目は、米さんです。
米さん、ありがとうございます。
==============================================
100 2004/12/27 16:22 ★米さんさん
 98 2004/12/26 07:56 ★米さんさん
 97 2004/12/25 22:41 ★米さんさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.27

年賀状完成

041227a例年なら28日頃に出来上がるかどうかといったところだが、今年は本日約170枚の作成を終えた。
これで年末年始休暇の始まりを年賀状であくせくしながら迎えずに済みそうだ。
今年は優秀。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.25

ワンちゃんが来ました

041225aクリスマスイブの昨日、ミニチュアダックスフントの「ルナ(♂)」が我が家にやってきました。
中3の娘へのクリスマスプレゼントです。
我が家では初めて犬を飼うというので、犬を欲しがった娘を筆頭にして、予備知識の習得や準備など、ここのところ総出で大変でした。
ルナがやってくると、その可愛いこと。
赤ちゃんが生まれたような雰囲気で、皆が優しく一丸となって世話を焼いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.24

たこ焼き

041224a大阪人だからなのか、単に好きだからなのか、定期的にたこ焼きが食べたくなる。
今年は、高校の大先輩が営むたこ焼き屋さん(福ちん)を見つけたので、月2回程度は会社帰りに寄って、焼酎などを飲みながらたこ焼きをつつく。
そう、このたこ焼き屋さんは、お酒もいただけるようになっている。非常に落ち着く癒される空間なのである。

家でも時々たこ焼き大会をする。
大阪の家庭には、たいていたこ焼き用の鉄板がある。
薄力粉を溶いて、タコ・天かす・ねぎ・紅ショウガなどを入れて店と同様に焼くのである。粉の溶き方、出しとの混ぜ方、具の種類や入れ方など、各家庭でそれぞれの流儀があるのではないだろうか。

家族で鉄板を囲みうだうだ言いながら、自分たちでひっくり返し、焼けた先から皿にとって熱いのをほうばるのもまた楽しい。私はビールか焼酎を飲みながら大抵最後までゆっくりと食べている。

実は今日もたこ焼きを作った。
粉をこれまで以上にゆるい目に溶き、少し強めの火で早めにひっくり返して焼くのがコツだということがわかった。
たこ焼きを焼くといえば簡単そうだが、満足がいく出来具合にはなかなか到達できず、何回やっても新たな発見があり奥深いものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.12.11

Xmasツリー

041211a
職場が京都なので、京都駅はしょっちゅう利用しているが、駅ビル自身はまるで見ていなかった。
きょうは、職場の忘年会があり、京都駅に行く機会があったので、待ち時間を利用して、駅ビルを見てみた。
屋上からの眺めや空中回廊、クリスマスツリーなど、非常によい雰囲気にできていることに驚いた。
そこかしこが恰好のデートコースになっている。
クリスマスツリーの昼と夜の写真を撮影した。
たまには、普段何気なく通り過ぎてしまっている場所をじっくり見てみるのも悪くない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.04

人生は魂の修行の場 -無償の愛の実現に向かって-

私は、「人生は、魂を磨くための修行場である。」という輪廻転生の考え方に
同意しています。最終的には、何の見返りも求めない無償の愛を実践できること
が(幾世にも渡る)人生の目標だと思っています。
人間は自分が可愛いので、すべての人に対して「無償の愛」を実践できるよう
にはなかなかなれません。現世だけでは達成できそうにない、大きな目標です。
ですから、この短い人生を、魂(人格と言ってもよい)を磨くために最大限の
努力をして過ごせるのがベストです。
出世とか事業の成功とか金持ちになるとかは、重要ではありますが、本来の人生
の目標の前には、必須とはいえないように思えます。
まさに死ぬその瞬間、「あ~、自分はこの人生を精一杯生きられた。十分に魂の
修行を積むことができた。安心してあの世へ旅立てる。そして、また次の人生で
さらに上の段階に向けて頑張ろう。」と思え、自分を褒めてやりたくなれるか
どうかが鍵のような気がしています。
お金や地位はあの世へ行ってしまうと役に立ちませんからね。魂に刻んだ成長は
あの世でも生きていて、次の人生にも持ち越せます。(という考え方をしてい
ます。すると、この人生にファイトが湧きます。)

飯田史彦さんの「生きがいの創造」(PHP)には、この考え方がうまく整理されて
記述されています。生きがい三部作をお読みになることをお薦めします。
「前世療法」もいいですね。

この世に生まれ出る前に自分(の魂)が、あらかじめあの世で、この人生では
どんなことをマスターするか、そのためにどんな人のところに生まれ、どんな
人と出会って、どんな人生上の事件に遭遇するかをプログラムして生まれて
くるらしいです。もちろん、生まれたら、その記憶はリセットされます。
だから、今の人生で起こる(起こった)いろんな出来事をよく観察していると、
自分がどんなことを習得しようとしていたかがわかってくるようです。
人生の要所要所で出会う人(好きな人も嫌いな人も)も、あらかじめあの世で
役割分担を約束して生まれて来た魂の仲間だそうです。夫婦はその中でも、最も
強いつながりのある魂同士で、何世代にも渡り一緒に修行しているソウルメイト
であることも多いらしいです。
とにかく、この人生での試練は、もとはと言えば自分自身が計画したことなのだ
と思うと、辛さが和らいでファイトが湧いてこようというものです。
(私は理科系ですが、証明もできないこんな考え方でも生きる上での活力を
与えてくれるので信じます。)

この人生には無駄なことなどはひとつもなく、失敗も苦しさもすべてが意味の
あることなんです。それは魂の成長のために必要だったことです。
挫折感も、そのままではつらいだけですが、そこから何かを学び取るために
その時期に挫折感を味わうことに意味があるのです。
すべては必然であり、起こるべくして起こっているわけです。
そんな出来事に遭遇し、真正面から取り組み、乗り越えていくことは、とても
素晴らしいことなのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.12.01

100人突破まであとわずか

11月30日に1名参加してくださったので、
「芋づる根こそぎ市岡生!」メーリングリストの
メンバーがちょうど90名になった。
4月10日の開設なので、毎月10名強のメンバー
増加ということになる。
年内100名突破も夢じゃなくなってきた。
なんだかとても嬉しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »