« 今朝の空 | トップページ | 今朝の空 »

2009.02.09

職業は“詐欺”だって?

NHKで、振り込め詐欺をレポートする番組をやっていた。

首謀者は、詐欺という犯罪をしているにもかかわらず、まったく罪の意識がない。
受験に失敗した有名進学校卒業生や、同級生に差をつけたいと思っている学生、派遣切りなどで職にありつけない切羽詰まった人達などにうまく誘いかけ、オレオレ詐欺の電話をかけさせたり、“出し子”と呼ばれるATMからの金の引き出し役をさせたりする。
“詐欺”のアジトを「店舗」、詐欺の仕事をさせている人を「従業員」、詐欺行為を「仕事」という。
わざわざ言い換えるところを見ると、自分のしていることは罪だと認識しているのだ。

彼らの人生観は、すべてが“金”。
“金”で人間の価値が決まり、“金”があればどんなことも叶うと思っている。
胸糞が悪くなるような悲しい人間たちが、老人たちのなけなしの貯金を巻き上げていく。

最後の一歩で踏み留まる勇気を与えられなかった親や大人の責任も大きいと思うが、なんとも悲しくやるせない考えの青年達だ。
あ~、ほんとに反吐が出るほどムカつくやつらだ。

君たちは、そんな犯罪行為で得たお金が自分の何を変えてくれると思っているのだ?
死んだ方がましだ。わからないなら、「死ね」と言いたい。

|

« 今朝の空 | トップページ | 今朝の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今朝の空 | トップページ | 今朝の空 »