« 読了『時間のかかる彫刻 (創元SF文庫) by シオドア・スタージョン』 | トップページ | 今朝の空 »

2011.11.20

読了『シリコンバレー精神(ちくま文庫) by 梅田 望夫』

シリコンバレーのベンチャービジネスの仕組がよく理解できた。
有望なベンチャーに資金を提供するベンチャーキャピタルあるいあエンジェルは、上場前の株券を入手する。
ベンチャーが無事に上場できれば巨万の富となって返ってくる。
もし、事業化に失敗しても、ベンチャー側は何の債務も負わない。既に株券を渡してあるからだ。
だから、失敗してもどんどん挑戦する。
まったくもって羨ましいシステムだ。
こんなのが日本にもあったら、若者は気兼ねなく自分が考えた事業に邁進できるだろう。

|

« 読了『時間のかかる彫刻 (創元SF文庫) by シオドア・スタージョン』 | トップページ | 今朝の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読了『時間のかかる彫刻 (創元SF文庫) by シオドア・スタージョン』 | トップページ | 今朝の空 »