« 読了 『春は鉄までが匂った (小関智弘著、ちくま文庫) 』 | トップページ | 今朝の空 »

2012.02.16

読了 『町工場巡礼の旅 (小関智弘著、中公文庫) 』

2冊目に読んだ小関智弘さんの著書。
全国の町工場を訪ね歩き、インタビューしてスゴ技を持つ職人、工場をまとめておられる。
技術だけでなく、その裏にある人間模様もうまく描き出していて飽きさせない。
この本を読んでいると、日本の技術もまだまだ捨てたもんじゃないと勇気が出てくるのだが、それでも現実は厳しく、町工場は不況の波の前に次々に減少している。
大企業は、協力工場であるこんな素晴らしい技術を持っている町工場をもっともっと大事にしていかねばならないと思う。
逆に、大企業も負けないように、もっと自分たちの技術力、製造力、販売力を磨き上げなければならない。
韓国、中国になぞ決して負けないはずなのだ。


|

« 読了 『春は鉄までが匂った (小関智弘著、ちくま文庫) 』 | トップページ | 今朝の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読了 『春は鉄までが匂った (小関智弘著、ちくま文庫) 』 | トップページ | 今朝の空 »