« 今朝の空 | トップページ | 韓国向け輸出管理の強化 »

2019.07.04

参院選挙戦始まる

NHKの7時のニュースに続いて、各党の党首が公約等を説明していたのをぼんやりと聞いていたが、どの野党も、何を言っているのか、具体的な内容がさっぱりわからなかった。
「(おいおいと)具体的に」「(これから)じっくりと」、とかばかりが聞こえたように思う。なんだかなぁ〜。
枝野さんも弁舌は立ったけど、いまいち何を言っているかわからない。どの人も自党の主張だけを話し、NHKの記者の質問に、真正面から答えてはいなかったように思う。
自民党がものすごく素晴らしいとは思わないが、野党に任せる気持ちは起きない。
どっちみち、これからは、自分の身は自分で守っていかねばならないようだし。

 

思うのだが、野党は与党の批判ばかりするだけで、画期的で具体的な政策は何一つ提示できていない。
みんな頭はよいかも知れないがスーパーマンではないのだから、そんなにすごいアイデアが出てくるはずもないし、課題に対して地道にやっていくしかないのだろう。
とすれば、国会等で与党攻撃ばかりに時間を費やしておらず、与党と一緒になってより良い政策を真剣に議論し、国民が少しでも希望を持てて楽になることを進めるようにしてくれないだろうか。
国会中継を観ていても、いっつも足の引っ張りあいばかり見せられる国民はたまったものではない。
もう、そろそろ、与党も野党も同じ方向(国民のためになること)を向いて、時間を大事に使ってもらえるとありがたいと感じる。

 

|

« 今朝の空 | トップページ | 韓国向け輸出管理の強化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今朝の空 | トップページ | 韓国向け輸出管理の強化 »