« 参院選挙戦始まる | トップページ | 今朝の空 »

2019.07.05

韓国向け輸出管理の強化

韓国向け半導体材料の輸出手続きの厳密化(輸出管理の強化であって、輸出規制ではないはず)は、輸出しないと言っているのではなく、韓国が(徴用工問題等の対応で)信頼できなくなっ
たので、手続きを厳密化すると決めただけだ。
一番かわいそうなのは、これらの材料を供給する日本のメーカーのたぶん営業の人たちだろう。いちいちものすごい量の書類を作成して、煩雑な手続きをしなければならないから。
最初だけ90日程度の手続き時間がかかるだけで、それを過ぎれば、連続して発注している限り、買う側は今までと変わらないはず。(在庫調整がしにくくなるだろうが、3ヶ月経てば反映はされるので、致命的ではないと思う)
輸出しないとなれば問題だろうが、手続きは厳密になるが、輸出自体はされるはずだから、極めて大問題というわけではないと思う。
それよりも、韓国は、やはり、これまで日本にしてきたもろもろの理不尽な仕打ちを、少しは反省すべきではないかと感じる。
また、慌てて国内でこれらの材料を自給できるように韓国政府も助成して頑張ると言っているが、できるものならやれば良いと思う。
もう、なんか、自分たちだけが偉い、正しいみたいな言い分は、いいかげんにやめてもらいたいものだ。

|

« 参院選挙戦始まる | トップページ | 今朝の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 参院選挙戦始まる | トップページ | 今朝の空 »