« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »

2020.05.08

COVID-19に思うこと(情報収集について)

中国が感染発生初期に情報を流さなかったから、感染対策が後手に回って、ここまで拡がったという非難が続出している。
しかし、僕が中国の「財新網(財新ネット=中国の独立系経済メディア)」を見た限りでは、「不明原因肺炎(原因が不明の肺炎)」が武漢で発生していることは、2019年12月31日には報道されている。その後も、感染者数など続々と「武漢不明原因肺炎」の報道は続いていた。
この時点で、各国の情報収集担当官は、必ずこの動向に注目して追跡していなければおかしい(SARSやMARSの先例があるから)。
だから、本当に注意して情報収集をしていれば、「武漢でヤバそうな肺炎が流行し始めているので、注意して対策していかなければならない」ということには、余程の楽観主義者でない限り、1月初旬には誰でも気がついたはずだ。
それらの情報を十分知っている上で、敢えて今、政治的な目的から中国を非難しているのであれば、それはそれでよい。しかし、まさか、本当に情報を知らなかったからなのであれば、その場合には、国家としての情報収集能力が何ともお寒いものだと、危機感を感じずにいられなくなる。
日本の情報収集能力は、大丈夫なのだろうか。
http://www.caixin.com/2019-12-31/101499720.html

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年6月 »