« 2020年6月 | トップページ

2020.07.05

今朝の空200704

15938798618890

雨〜曇り。

とてもよく降った。
熊本では、球磨川が氾濫し、大変なことになっている。
最近、降るとなると、被害が出るほど半端なく降るようになってしまった。
やはり、気象がどこかおかしくなっている。

幸い、夕方から止み、濡れることなく中国語クラスへ行くことができた。
「じゃりン子チエ」の話から、ホルモン焼き、釜ヶ崎の話題へと移っていった。
老師が豚肉の脂身の部分を取り除いて食べているというので驚いた。
そこが美味しいのに。

翻訳の仕事が入った。約1,900ワード。
納期は火曜日の19時。
今回の一連の仕事は、いつもより納期が短めになるとのこと。
ちょっと頑張って取り組まねば。

| | コメント (0)

2020.07.03

今朝の空200703

1593777948457015937779705161

雨。

7時に目が覚めたが、二度寝してしまい、次に目覚めると10時半だった。
よく寝た。

起きてすぐ、中国語クラスの教室をオンラインで予約してから、ランチを食べにカフェへ。
帰りに、市民交流センターへ寄って、オンライン予約した教室の料金を支払ってきた。

夕方からは、英語カフェへ。
Vegitable Ivory(植物象牙)というのを初めて知った。
象牙椰子の種子の胚乳のことで、象牙と同じように、ボタンや彫刻、印鑑などに使われるらしい。
勉強になった。

帰宅してから、お中元をネットで注文。
大学の恩師1件、お世話になっている翻訳会社向け3件、その他1件。
11日以降に届くようにした。

明日、翻訳新案件が届くとのこと。
来週も、さらに2~4件を頼みたいとのこと。
ありがたや、ありがたや。

| | コメント (0)

2020.07.02

今朝の空200702

159369216525411593693246785015936921651340

曇りのち晴れ。

木曜日の日本語ボランティア3回目。
導入教育は、「文字の教え方」について。
ひらがな、カタカナ、漢字それぞれの教え方のポイントを説明していただいた。
学習者に言わせるときのポーズ(手を広げて腕を真っ直ぐから自分の方へ曲げる)も教えていただいた。
学習者さんへの指導は、みん日第1課。カタカナと数字の読み方を練習。
書き取りと、練習問題の宿題。
ボランティア終了後の勉強会は、「まで」と「までに」の違いについて勉強。
全て新鮮で楽しかった。

翻訳は、新規の短い案件が届いたので、ボランティアから帰ってからササッと済ませた。
以前翻訳した記事の概要説明。
来週はじめに、また次の案件が来る予定。

後の時間は、YouTubeで、中国語がペラペラの米国人「雪漣」さんの動画を観たり、その他の中国語動画を観たりして中国語のリスニング力を強化。
かなり聴き取れるようにはなってきた。
そろそろHSK5級の受験を考えよう。
問題集をやっていかないとな。

| | コメント (0)

2020.07.01

今朝の空200701

1593612316206215936123092681

曇り。

きょうから折り返し。
COVID-19はあったけど、半年って早かったなぁ。
仕事がようやく途切れなくいただけるようになってきた。
半導体関連の仕事を増やせるよう頑張ろう!

| | コメント (0)

今朝の空200630

15936121077520

雨ときどき曇り。

きょうで6月もおしまい。
早いものだ。

昨日お誘いがあった新しい翻訳会社からトライアル問題が届いた。
600ワード強の和訳(得意の半導体分野)と、約700文字の英訳(無線航法システム、ちょっと専門外だけど、先日翻訳した文書が少し参考になりそう)。
ちょうど、お仕事が途切れているので、今のうちに取り組もう。

今日、6月30日は「トランジスタの日」。
大学と企業での研究開発を合わせると、40年近くに渡って半導体の世界に身を置いていた僕も、「トランジスタの日」ができていることを知らなかったのだが、72年前、1948年のこの日、現在のエレクトロニクスを支えるトランジスタの発明が公開されたのだ��。
発明者は、米国ベル電話研究所に所属していた物理学者ウィリアム・ショックレー、ジョン・バーディーン、ウォルター・ブラッテンの3人��。もちろん、3人とも、1956年にノーベル物理学賞を受賞している。僕の生まれた1年前だ��。
トランジスタは、それまでに使用されていた巨大でたくさんの電力を消費する「真空管」に取って代わる発明であり、その恩恵で、電気、電子機器の小型化、低消費電力化が一気に進んだ。
さらに、単体のトランジスタから、多数のトランジスタが1チップに収められた集積回路(IC)へと進化し、現在では、爪の大きさ程のチップに何十億個ものトランジスタが入った集積回路ができ、コンピュータやスマートホンをはじめ、身の回りの電子機器の頭脳として働いているの�だ�。
大学院在学中に、トランジスタの発明者のひとり、ジョン・バーディーン先生(超電導に関する理論により、もう1つノーベル賞を受賞した、超天才)が、うちの教授の招きで我々の研究室を訪ねて来てくださり、講演を聴かせていただいたことが、とても誇りであり、よい思い出になっている。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ