2008.05.23

医療費控除

学会のオーラルセッションは15時過ぎまでで、その後は、ポスターセッションとなったので見るのは少しだけにし、会場を早めに抜けて税務署へ立ち寄った。
先週に提出した遅ればせながらの確定申告に間違いが見つかったので、修正申告をするためだ。

昨年は雑所得が少し発生したが、医療費が非常に多額だったため、結局はかなりの還付になったのだが、先週の申告時、どう見ても新米さんが相手をしてくださり、その人の2度の入力間違いの後、さらにまた間違いがあったといい、改めて入力し直すと、たぶん余計に時間がかかるからと言われ、言われるままに手修正をしたところが、帰って来てからよく眺めてみると、何とそれも計算間違いだったというお粗末な結果。
1週間経っても何の連絡も来ない。気持ち悪いのは嫌なので、こちらから出かけたという顛末。
若干還付金が減るが、これで叩かれても埃は出ない申告書になった。スッキリ、スッキリ。

きょうはその新米さんは居ない様子で、別のまぁ中堅どころと思われる方が相手をしてくださったのだが、やはり新米さんは、いろいろとやらかしているようで、僕の話に、いちいち「あ~、そうだったのですか。誠に申し訳ございません。」と平謝りだった。
親切に対応していただいて満足です。

初めて医療費控除の申請をしたのだが、これまでは真面目に計算したことがなく、補てん金を差引いてから更に10万円を超えることはまずないであろうと思っていたが、この分だと、毎年還付されるくらいの医療費は発生している可能性が高い。
5年前(今年なら平成15年分まで)の申告ができるので、今からでもあとの4年分をやってみようと思う。

| | コメント (0)