2011.03.18

日本人は礼儀正しいのか頭を使ってないだけなのか

日本人は、災害に襲われても規律と協調性をもって礼儀正しく行動し、
略奪行為などすることがない素晴らしい国民だと海外のマスコミから
せっかく褒めてもらっているのに、最近の被災地以外の人達による
各種物資の買いだめ行動は褒められない。

どうしてもう少し冷静になれないのだろう?
正しい情報が出て来ないからと言われればそれもあるが、今、何が
正しいかなんてことはなかなかわからない。
自分自身で納得のいく情報収集をしたり、もう少し自分自身の頭で
考えたりはしないものか。
何でもかんでも、権威のある人がこうですよ~と丁寧に教えてあげ
なければ安心できないのだろうか。

こんな大きな災害時に、最後の最後に頼りになるのは自分の判断力と
それに基づく行動だ。
この絶好の機会に、自分を鍛える意味でも、自分自身で情報を集めて
分析し、間違ったその他大勢とは行動を共にしないという勇気と、
その孤独に打ち克つ精神力を身につけるべきではないか。

海外のマスコミからは、そのうちに、日本人は協調性があり礼儀正しい
けれど、結局は右へならえをしているだけで、自分の頭では行動しない
国民だったという評価が下ってしまうかもしれない。

| | コメント (0)

2009.06.26

マイケルジャクソン死去

朝、出勤前に着替えながらNHKニュースを見ていると、マイケルジャクソンが心肺停止状態で病院に運びこまれたとのこと。気にはなっていたが、そのまま出勤。
帰宅して、夕刊を見ると、やはり死亡したとのこと。
MRSAではないかとのことだが、そんなに急に死んでしまうものなのだろうか。
コンサートツアー再開直前だと言うではないか。
死因は、何かおかしいように思う。
マイケルジャクソンは、さほど好きなミュージシャンではなかったが、やはりひとつの巨星であったことは間違いない。
御冥福を祈ります。

| | コメント (0)

2009.06.14

リニューアル?された「ゆびとま」

これで約束通り?というのか、とにかく、先ほどから仮設状態のゆびとまが再開されたようだ。
最低限のことだけは可能であるが、非常に機能が限定されており、正直いって使い物にならない。
特に、同窓会名簿の閲覧については、以前のゆびとまでどこかのグループに属していた場合(たとえば同期生)にのみ、そのグループの所属メンバーの名簿しか閲覧できず、メールも出せない。学校全体の登録者名簿は見られないようなのだ。
また、退会手続きを自分で行なえるようなページがない。これはゴッソリ辞められると困るので、意図的にではないのかと勘ぐりたくなる。(★注追記:別のサイト「指とまエンターテインメント」の会社サイトに、「会員の皆様へ」というページがあり、そこによると、6月21日に再開予定とのことだ)
以前と同等レベルの完全な復旧に関する見込み等に関しては、単に「順次再開」とあるだけで、詳細については何もアナウンスされていない。無責任すぎるのではないか。
もう、これ以上関与したくない。一刻も早く抜けたい。

登録したメールアドレスとパスワードでログインできるようになっている。
玄関ページに書かれた説明文と会社概要のページを引用しておく。

=========================<ここから引用>=========================
◆お知らせ
「ゆびとま」をご利用いただき誠にありがとうございます。
このサイトはウェブ同窓会「この指とまれ!」の完全リニューアルにあたり、株式会社ゆびとまエンターテインメントによって機能を制限して構築された仮設サイトです。
ただいま、当サイトにてご利用いただけるサービスは以下に限定されております。

* 同窓会名簿の閲覧
* メッセージの作成および送信
* メッセージの閲覧および返信
* 送信済みメッセージの閲覧

また、当サイトは携帯電話からもご利用いただけます。ただし、携帯電話向けサービスのご提供は一時的な措置であるため、将来的にご利用いただけなくなる場合がございますのでご了承ください。
尚、入退会処理など、上記以外の機能につきましては、現在対応ができておりません。ご迷惑をおかけいたしますが、順次機能を再開して参りますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

◆会社概要
会社名 株式会社ゆびとまエンターテインメント
住所 東京都港区西新橋3-4-1
=========================<ここまで引用>=========================

■追記
※ゆびとまエンターテインメントのホームページに「会員の皆様へ」というページがあり、そこに下記のことが記載されていた。(これをなぜ指とまの方に書かないのだろう?)

=========================<ここから引用>=========================
◆サービス再開のお知らせ

「この指とまれ!」サイトにおける障害対策として、5月2日に「ゆびとま再建委員会」が組織されました。私たち株式会社ゆびとまエンターテインメントが中心となり、サイト運営会社である株式会社この指とまれ様より、サービス再開のための一連の作業依頼をお引き受けして参りましたが、旧サービスの再開を断念し、システムを再構築する対応とする判断を致しました。

弊社では、株式会社この指とまれ様との間で、個人情報保護に関する契約を締結した上で作業を進めてきておりますので、ご安心下さいますようお願い致します。

◆ゆびとま 今後のリリースについて

今後、以下のような予定で、順次サービスの再開をさせて頂きます。

6月21日(日) パスワードをお忘れの方のための再設定機能
          退会の事務処理再開
6月28日(日) 入会の事務処理再開
          掲示板機能の再開

その他の機能につきましては日程が確定次第、ご案内させて頂きます。
=========================<ここまで引用>=========================

| | コメント (0)

2009.05.07

「ゆびとま」の甚大なトラブル、続報

今回の「甚大なトラブル」に関し、もう少し詳細な情報がほしいと「ゆびとま」の
お知らせページに記載されているアドレス宛に依頼していたのだが、本日、
サポートセンターから、下記に示す回答が来た。

しかし、結局のところ、説明がないのと同じ状況である。
5月2日から今まで全く原因が不明のままで、システムが全面的にダウン状態に
なっていることなどありえない。
責任ある運営をしているなら、何のバックアップも取っていないはずはないのだが。

トラブル発生から既に5日が経っているのに、なんら復旧の兆しが見られないと
いうのは、いったい、どういうことなのだろうか。
この回答では、余計に謎が深まり、不信感が募る。
何かを隠していると邪推したくもなる。
この不明瞭な姿勢が以前の経営陣の時代から続いているのが、ここの特徴でも
ある。

==========以下 原文のまま引用============
ゆびとまサポートセンターです。
いつもご利用頂き、誠にありがとうございます。

ご迷惑をお掛け致しておりまして大変申し訳なく存じます。

障害について現時点(5月7日18:00)でのご報告をさせていただきます。

現在、システムが全面的にダウンしており、原因究明とその復旧作業を
継続しております。
しかし、システムの完全な復旧とサービスの提供開始の見込みが立って
いないのが現状です。

なお、個人情報の漏洩は一切発生しておりません。

会員の皆様には心からお詫びを申し上げます。
================================

今回、個人情報の漏洩は発生していないとある。

| | コメント (5)

2008.12.21

引ったくり未遂事件発生

いやぁ、ビックリ!
先ほど、22時頃、TVで映画「マトリックス」を観ている最中、すぐ外で女性の「キャー!やめてぇ~!アァ~~!」
という悲鳴が。
最初、高校生か誰かがふざけ合っているのかと思って、しばらくジッとして様子をうかがってしていたら、2階の部屋にいた息子がドタドタと降りてきて、ドアを開け外へ飛び出して行きました。僕と一緒にマトリックスを観ていた娘も、息子が飛び出したので、後を追いかけて外へ。
娘がすぐに戻ってきて、「お父さん、タオルか何かちょうだい。催涙スプレーや!拭かないと。」と。
家の前に40歳くらいの女性がうずくまっていたとのこと。
すぐに、家に入れ、顔を洗ってもらいながら、僕は110番へTEL。
どうも催涙スプレーをかけられて引ったくりに会ったようです。
パトカーが何台も来て、女性から話を聞こうとしましたが、顔も眼も痛む女性は話ができるじょうたいではありません。
救急車を要請、病院へ運ばれました。
幸い、持ち物やハンドバッグも無事で、盗られた物は無いようでしたが、茶色い液が、スーパーかどこかのポリ袋にベッタリ。
助けた娘も、液がついたのか目が痛いといいます。吸うと咳き込むような感じでした。
夜とはいえ、民家の真ん前で、よくも堂々と犯行に及んだものです。
あ~~、物騒だなぁ~。

息子は、悲鳴が聞こえたので、2階の勉強部屋から下を見ると、女性がフラフラと歩いていき、うずくまったのが見えたので、すぐに助けに飛び出したとのこと。犯人の姿は既に見えなかったとのことです。

冷静に110番で状況を連絡しましたが、僕自身は何も見ておらず、また、犯人のことも女性のことも全くわからないと言っているのに、しつこく、「盗られたものはないですか。」、「犯人はどんな歳格好で、どっちへ逃げましたか。」と聴かれるのには辟易しました。
駆けつけた警官の話では、このすぐ前にも同様の事件が起こっていたらしいです。
早く犯人を発見し、再発を防ごうとしていたようです。

特に女性の方々、夜遅くに外を歩く場合は、どうか気をつけてください。
たとえすぐ横に民家があろうとも、おかまいなしに犯行に及ぶ輩が居るということを認識しておく必要があります。
夜の一人歩きはとても危険です。

興奮覚めやらぬまま、書き込みします。

| | コメント (0)