2012.02.16

読了 『町工場巡礼の旅 (小関智弘著、中公文庫) 』

2冊目に読んだ小関智弘さんの著書。
全国の町工場を訪ね歩き、インタビューしてスゴ技を持つ職人、工場をまとめておられる。
技術だけでなく、その裏にある人間模様もうまく描き出していて飽きさせない。
この本を読んでいると、日本の技術もまだまだ捨てたもんじゃないと勇気が出てくるのだが、それでも現実は厳しく、町工場は不況の波の前に次々に減少している。
大企業は、協力工場であるこんな素晴らしい技術を持っている町工場をもっともっと大事にしていかねばならないと思う。
逆に、大企業も負けないように、もっと自分たちの技術力、製造力、販売力を磨き上げなければならない。
韓国、中国になぞ決して負けないはずなのだ。


| | コメント (0)

読了 『春は鉄までが匂った (小関智弘著、ちくま文庫) 』

図書館でふと目に止まり、小関智弘さんの著書を初めて読んだ。
若いころから旋盤工として長年町工場で働いてきた小関さんが、旋盤工ならではの視点で、町工場やそこで働く人達のことを書いているエッセーというかルポルタージュである。
自分でもボール盤やドリル等を扱い少しは板金工作もするが、エレクトロニクス系のことがメインだった僕には、鉄を削る旋盤工の仕事が新鮮であり、また、当然のことながら、そこにも技術の奥深さがあることを知った。

いくら最新鋭の機械があっても、それを扱う人間にこそ経験に裏付けされた知恵があり、その知恵なくしては良いものができないということは言い得て妙、納得できる。結果は同じでも、それを作り上げるためのプロセスこそに個性が出て、知恵の入る余地がある。

年を取ってから、旋盤界の新技術とも言えるNCマシン(数値制御の工作機械、要はコンピュータ制御による切削機械である)をマスターされたことにも、頭が下がる。
NCマシンのプログラミングにも、やはり鍛えられた職人の知恵が盛り込まれていないと、よい工作はできないようだ。

半導体設計の世界も、理屈だけではうまくいかない。特にグランドや電源系の配線など、ノイズに強くして、ピュアな信号を伝えるレイアウトは経験がモノを言う。こうした“知恵”を伝承すべき、シニア技術者が、なんの配慮もなくリストラされていくのを見るのは忍びない。
知恵を残す組織、会社でなければ、この厳しいメガコンペティションの世界を生き抜いていくことはできないだろう。


| | コメント (0)

2011.11.20

読了『シリコンバレー精神(ちくま文庫) by 梅田 望夫』

シリコンバレーのベンチャービジネスの仕組がよく理解できた。
有望なベンチャーに資金を提供するベンチャーキャピタルあるいあエンジェルは、上場前の株券を入手する。
ベンチャーが無事に上場できれば巨万の富となって返ってくる。
もし、事業化に失敗しても、ベンチャー側は何の債務も負わない。既に株券を渡してあるからだ。
だから、失敗してもどんどん挑戦する。
まったくもって羨ましいシステムだ。
こんなのが日本にもあったら、若者は気兼ねなく自分が考えた事業に邁進できるだろう。

| | コメント (0)

読了『時間のかかる彫刻 (創元SF文庫) by シオドア・スタージョン』

面白かったのだが、よくわからない作品も多い。
読後感がちょっと複雑・・・。

| | コメント (0)

2010.09.12

読みたい本メモ「ビューティフル・マインド~天才数学者の絶望と奇跡」

天才数学者でありながら、精神分裂病に苦しんだ男、ジョン・ナッシュ。
彼の最も偉大な業績は、1980年代に経済学に大きく浸透した「ゲーム理論」の確立である。
経済学者でもあり、ジャーナリストでもあるシルヴィア・ナサーの、ジョン・ナッシュの人生をあらゆる側面から見つめる伝記。
彼女は、ナッシュの数学理論を知的かつわかりやすく解説すると同時に、精神分裂病の厳しい現実を浮き彫りにする。

| | コメント (0)

2010.08.29

読了『私の夢・日本の夢―21世紀の日本 (松下幸之助 著、PHP文庫)』

こんな本が出ていたことを知らなかった。
しかも、40年近く前に。
とても良い本だ。
(この文章は、書きかけです)

| | コメント (0)

読了『世界のトップリーダー英語名言集(デイビッド=セイン,佐藤淳子 著、Jリサーチ出版』

1ヶ月ほど前に読み終わっていたのだが、紹介するのが遅れてしまった。
内容紹介をそのまま引用すると、世界のビジネスリーダー125人、212の英語名言を、Success(成功)、Dreams(夢)、Leadership(リーダーシップ)など、16のテーマに分けて収録してある。
印象に残ったのは、シャネルの創業者であるココ・シャネルの
"In order to be irreplaceable one must always be different."
(かけがえのない人間になりたいのなら、 いつも人と同じことをしてちゃだめよ。)
という言葉だ。
"irreplaceable"な人間になりたい。
人と同じことをするのが嫌いで、道を歩くにも人の後を着いて行きたくなかったが、そんなんじゃダメだよね。
気持ちはコレで居たい。

| | コメント (0)

2010.06.19

読了『スティーブ・ジョブズ 成功を導く言葉』

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズの金言集とでも言える。
50の言葉が、背景とともに紹介されている。
どれも説得力のある良い言葉である。
そして、スティーブ・ジョブズも、非常に物事を突き詰めて考察している。
非常に読みが深い。
また、根っからのマーケティングマンである。
とても参考になる名言ばかリだ。

| | コメント (0)

2010.05.29

ブックカバー

100529_bookcover
嫁さんが、結婚記念日のお祝いにと、ほしかったブックカバーを買ってくれた。うれしい!
先週、二人で京都に出かけ、このブックカバーを見て、「ほしいなぁ」と思っていたのだが、千円という価格に躊躇していた。それくらい買えばよいのに、ほんとに最近、自分のために金を使うことにとても気を遣う。

それを見ていたからか、今日、嫁さんは、他の用事もあったようなのだが、一人でその店に行き、これを買ってきてくれたとのこと。
ほんとにうれしい。
早速、愛用させていただこう。

| | コメント (0)

2010.04.24

読了『光と物質のふしぎな理論(リチャード・P.ファインマン) 』

ファインマン先生がノーベル物理学賞を受賞された量子電磁力学(QED)を、物理の素人である友人の女性のために、数式を使わずにエッセンスだけ説明しようと試みた著書だ。
いわゆる経路積分やファインマンダイアグラムによる摂動論の考え方が、ほんとに素人にもわかるように書かれている。
大学院の学生に教えるレベルの話題なのだが、素人にわかってもらえるように噛み砕いて伝えたいという、この熱心さは何だろう。
ファインマン先生は、物理学、それも自分の専門である量子電磁力学や素粒子物理学が好きで好きでたまらないのだろうと感じる。ちょうど、僕が半導体、特にイメージセンサの話を誰かに聞いてもらいたくてウズウズしているように。
この本の訳者あとがきにファインマン先生の素晴らしい言葉が載っていた。
先生は、カルテクの卒業式の式辞で、卒業生たちにこう言ったという。
「諸君が科学者として話をしているとき、たとえ相手が素人であっても決してでたらめを言ってはならない・・・・・・あくまでも誠実に、何ものもいとわず誠意を尽くして語ることこそ科学者の責任である」
けだし名言である。

| | コメント (0)