2011.03.13

地震に乗じたチェーンメール

昨日から、電力使用量節約についてのチェーンメールが流れているようだ。
関西電力から電力不足の東京電力、東北電力に援助の電力を送電する
ので、使っていない機器のコードをコンセントから抜いて、“待機時電力”を
節約しよう等と呼びかける内容である。
しかし、実はこれは、いわゆる“不幸のメール”と同類のデマである。

電力を節約すること自体は良いことなのだが、関西から関東以北への
そんな援助の送電はありえない。
また、そんなにも大切な対策であるなら、個人間のリレーに頼るメールでの
伝達ではなく、電力会社あるいは政府からマスコミを通じて正式に国民に
要請があるはずである。
そして、そんなデマのメールが、転送の繰り返しでどんどん増殖すれば、
インターネットが占領されてしまい、本来の大切な連絡用メールの伝達にも
支障が出るだろう。

その程度の判断力は、メールを受け取った人もぜひ持ちあわせてほしい。
国民の多くに影響を与える大切な施策についての指示が、メールで流れる
はずがないと思ってほしい。そのくらいの疑問は持ってみてほしい。
ちょっと調べてみれば、すぐにデマとわかることである。
現に、関西電力のホームページを見に行けば、トップページに、そのような
チェーンメールを出してはいないと否定する掲示がされている。
節電を要請することもしていないと書かれている。
子供ではないのだから、それくらい自分で気づかねばならない。

コスモ石油タンク炎上による有害物質の雨が降るというデマのチェーン
メールも流れている。
いずれも、地震後の混乱に乗じた愉快犯によるチェーンメールであろう。
こんな国家の非常事態に際しても、自分の満足のために、よからぬ企みを
する輩が居るというのは何とも嘆かわしい世の中だ。
そんなことをして、何が面白いのだろうか。悲しいことである。

先ほど、20時過ぎ、菅総理が、国民に対し計画停電の協力要請を行なった。
そうなのだ。チェーンメールに書かれているような節電程度、ましてや
コンセントを抜いて、機器の“待機時電力”(電気機器のスイッチを切っている
時でも、内部の回路がわずかに消費している電力のこと)を節約する程度では、
到底不足が予想される量の電力を賄うことは不可能なのだ。
計画停電のように、ある地域を停電させて、その分を回すくらいのことを
しなければならないのだ。
家庭も大事だが、特に、産業界(工場等の大電力消費者)が電気を使わない
ようにしなければ間に合わないのだ。
節電を呼びかけるデマのチェーンメールには、ここに第一の嘘がある。
(しかし、少しでも節電するに越したことはないので、地道に努力すること
自体は悪いことではない)

そして、菅総理と海江田経済産業大臣の要請の後、NHKの解説員が説明
していたように、関西電力から電力を東京電力あるいは東北電力に送りたく
ても、関西と関東では電源の周波数が違う(関西は60Hz、関東は50Hz)ために、
周波数を変換しないといけない。
周波数変換の設備の容量に限りがあり、十分な電力が送れない。(このことは、
関西電力のホームページにも注釈されている。)
ここにデマのチェーンメールの第二の嘘がある。

ということで、ネット上をメールで飛び交っているような情報には虚実いろいろ
混じっているから、自らある程度調査をし、また、わからない場合には、
それなりの識者・専門家に確認するなどして、何が正しいのかを判断してから
行動することが大事である。

今回の巨大震災後のような大混乱の最中にあっては、なおさらのこと、各自の
冷静な判断が求められるときでもある。
落ち着いて行動してほしい。

| | コメント (0)

2009.06.14

リニューアル?された「ゆびとま」

これで約束通り?というのか、とにかく、先ほどから仮設状態のゆびとまが再開されたようだ。
最低限のことだけは可能であるが、非常に機能が限定されており、正直いって使い物にならない。
特に、同窓会名簿の閲覧については、以前のゆびとまでどこかのグループに属していた場合(たとえば同期生)にのみ、そのグループの所属メンバーの名簿しか閲覧できず、メールも出せない。学校全体の登録者名簿は見られないようなのだ。
また、退会手続きを自分で行なえるようなページがない。これはゴッソリ辞められると困るので、意図的にではないのかと勘ぐりたくなる。(★注追記:別のサイト「指とまエンターテインメント」の会社サイトに、「会員の皆様へ」というページがあり、そこによると、6月21日に再開予定とのことだ)
以前と同等レベルの完全な復旧に関する見込み等に関しては、単に「順次再開」とあるだけで、詳細については何もアナウンスされていない。無責任すぎるのではないか。
もう、これ以上関与したくない。一刻も早く抜けたい。

登録したメールアドレスとパスワードでログインできるようになっている。
玄関ページに書かれた説明文と会社概要のページを引用しておく。

=========================<ここから引用>=========================
◆お知らせ
「ゆびとま」をご利用いただき誠にありがとうございます。
このサイトはウェブ同窓会「この指とまれ!」の完全リニューアルにあたり、株式会社ゆびとまエンターテインメントによって機能を制限して構築された仮設サイトです。
ただいま、当サイトにてご利用いただけるサービスは以下に限定されております。

* 同窓会名簿の閲覧
* メッセージの作成および送信
* メッセージの閲覧および返信
* 送信済みメッセージの閲覧

また、当サイトは携帯電話からもご利用いただけます。ただし、携帯電話向けサービスのご提供は一時的な措置であるため、将来的にご利用いただけなくなる場合がございますのでご了承ください。
尚、入退会処理など、上記以外の機能につきましては、現在対応ができておりません。ご迷惑をおかけいたしますが、順次機能を再開して参りますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

◆会社概要
会社名 株式会社ゆびとまエンターテインメント
住所 東京都港区西新橋3-4-1
=========================<ここまで引用>=========================

■追記
※ゆびとまエンターテインメントのホームページに「会員の皆様へ」というページがあり、そこに下記のことが記載されていた。(これをなぜ指とまの方に書かないのだろう?)

=========================<ここから引用>=========================
◆サービス再開のお知らせ

「この指とまれ!」サイトにおける障害対策として、5月2日に「ゆびとま再建委員会」が組織されました。私たち株式会社ゆびとまエンターテインメントが中心となり、サイト運営会社である株式会社この指とまれ様より、サービス再開のための一連の作業依頼をお引き受けして参りましたが、旧サービスの再開を断念し、システムを再構築する対応とする判断を致しました。

弊社では、株式会社この指とまれ様との間で、個人情報保護に関する契約を締結した上で作業を進めてきておりますので、ご安心下さいますようお願い致します。

◆ゆびとま 今後のリリースについて

今後、以下のような予定で、順次サービスの再開をさせて頂きます。

6月21日(日) パスワードをお忘れの方のための再設定機能
          退会の事務処理再開
6月28日(日) 入会の事務処理再開
          掲示板機能の再開

その他の機能につきましては日程が確定次第、ご案内させて頂きます。
=========================<ここまで引用>=========================

| | コメント (0)

2009.06.13

30000カウント突破

このブログのカウンタ、昨日は29000台だったのが、今日は30000を200以上超えている。
最近は、「ゆびとま」の検索キーワードで飛んでくる人が非常に多い。
いよいよ明日、ゆびとまが再開とアナウンスされている日だからか、皆の関心も高まっているようだ。
その割に、ゆびとまの今回のトラブルを扱っているサイトが少ないのだ。
あそこのやり方は、経営者が変わってから尋常ではない感じがする。
活動を停止したほうが世の中のためになるんじゃなかろうか。

| | コメント (0)

2009.05.07

「ゆびとま」の甚大なトラブル、続報

今回の「甚大なトラブル」に関し、もう少し詳細な情報がほしいと「ゆびとま」の
お知らせページに記載されているアドレス宛に依頼していたのだが、本日、
サポートセンターから、下記に示す回答が来た。

しかし、結局のところ、説明がないのと同じ状況である。
5月2日から今まで全く原因が不明のままで、システムが全面的にダウン状態に
なっていることなどありえない。
責任ある運営をしているなら、何のバックアップも取っていないはずはないのだが。

トラブル発生から既に5日が経っているのに、なんら復旧の兆しが見られないと
いうのは、いったい、どういうことなのだろうか。
この回答では、余計に謎が深まり、不信感が募る。
何かを隠していると邪推したくもなる。
この不明瞭な姿勢が以前の経営陣の時代から続いているのが、ここの特徴でも
ある。

==========以下 原文のまま引用============
ゆびとまサポートセンターです。
いつもご利用頂き、誠にありがとうございます。

ご迷惑をお掛け致しておりまして大変申し訳なく存じます。

障害について現時点(5月7日18:00)でのご報告をさせていただきます。

現在、システムが全面的にダウンしており、原因究明とその復旧作業を
継続しております。
しかし、システムの完全な復旧とサービスの提供開始の見込みが立って
いないのが現状です。

なお、個人情報の漏洩は一切発生しておりません。

会員の皆様には心からお詫びを申し上げます。
================================

今回、個人情報の漏洩は発生していないとある。

| | コメント (5)

2008.12.28

派遣社員について

疑問に思っている話題があります。
「派遣社員」についてです。
不況のあおりで、派遣社員の契約更改をしない“雇い止め”の判断をする企業が後を断ちません。
マスコミは、無慈悲に派遣を切る企業を、人間をモノ扱いしている悪者のように書き立て、政府も派遣契約を継続するよう指導するという状態。
なんだか、一方的な見方のような気がしてなりません。

もともと、企業は、固定費を比例費化できるメリットのために「派遣社員」を使っているのですから、景気が悪くなって減産することになったり、仕事量が減れば、派遣社員を切るのは当然の行動だと言えます。
これを責めるのは、「派遣業」の存在意義を否定することになります。

そして、派遣社員の中には、どこも正社員として雇ってくれる就職先が無く、やむを得ず派遣会社に入った人と、自らの意思で派遣会社に入った人が居るということを、どこのマスコミも取り上げようとしないことです。
企業の正社員よりも自由で責任の無い気楽な立場を求め、派遣を選んでいる人も結構いると思います。
うちの会社には、東大卒はじめ有名国公立・有名私大卒の派遣社員が結構います。ちゃんと就職活動すれば、絶対に正社員として雇ってもらえるような人たちです。あえて自らの意思で進んで派遣社員になったようです。

数年前のTVドラマに「ハケンの品格」というのがあり、正社員より有能な派遣社員をカッコよく見せていました。(僕は一回も観ていないのですが)
あの頃、「派遣社員」というとちょっともてはやされていたと思います。
派遣社員の立場には、正社員より少しは気楽な反面、不況時などは仕事を失うリスクがあるということを、派遣会社に入った人たちは認識してその職に就いたはずです。
でも、企業がいざ雇い止め(通常、1年単位の契約が切れても更改しないこと)をしようとすると、世論は企業を悪くしか言いません。

派遣業とは何なのか、派遣社員の人の中に、何割がそのリスクを認識し、自らの意思でその職に就いたのか、までを含めて解説してくれる報道があってもよいのではないかな、と思います。

| | コメント (2)

2008.06.10

信じ難い事件

また、悲惨で、かつ、不可解な事件が起こった。
秋葉原でのトラック突っ込みとダガーナイフによる無差別殺傷事件。
容疑者の携帯掲示板サイトへの書き込みの内容は、理解に苦しむ。
自分だけが被害者で、自分だけが辛い思いをしていると感じていて、自分だけがかわいいという人がなんと増えたことだろうか。
人生について、考えたことがないとしか思えない幼稚さだ。
どうして短絡的な発想しかできないのであろう。
自棄になるなら、自分だけを標的にしてもらいたい。
学校教育では、もっと「考える」という訓練を積ませねばならないのではないだろうか。
暗記学習では考える力は身に付かないし、考える習慣は、一般には、なかなか自分自身では身に付かない。
家庭での教育、というか、教育以前の会話というものもおかしくなってきているのだろうが(親自身が人生の意義を深く考えたことがない人も多い)、もう少し冷静に考えてみるという習慣は最低限身に付けてほしい。
それ以前に、他人に危害を加えることの罪深さと無意味さは、本能で感じていてほしい。
結局は、自分だけがかわいいのだ。
なぜ、そうなるのだろう。
どこか、変だ。

| | コメント (0)