2016.08.19

断捨離事始め

ずっと前から気に懸かっていたこともあって、夏季休暇を機会に、家の中を整理しはじめている。
まずは、家の中では毎日最も長い時間を過ごしているLDKから着手。
この2~3日でやったことは下記の4点。

①食器棚の空間部分?(なんというのか食器を入れる棚の下、引き出しの上の部分)にいろいろ雑然と置かれていた飲むことのない薬類や化粧品等のゴチャゴチャをスッキリ
②電子ピアノの上に置かれていた書類や楽譜、帽子、布切れ等々のゴチャゴチャをスッキリ
③テレビの横、ステレオの下のカラーボックス内の書籍類、CD、MD等ホコリだらけ、かつ雑然と置かれていたのをスッキリきれいに清掃・整理・整頓
④電話台にしている特注の棚の上のゴチャゴチャをスッキリ。
⑤冷蔵庫の上に置かれた使っていないホコリだらけのプラスチック製品類の整理

このほか、階段下の廊下に長年置かれていたハンガーラックおよびそこにぶら下げられていたホコリだらけの着られることもない服、スカーフ、帽子類を一掃した。
その他、ゴミの日ごとに、溜まりに溜まっていた雑貨品、雑誌、書籍、服類を捨て始めている。

やってみてよくわかったことは、頭の中もスッキリし、意識がクリアになること。
意思が強くなったような感じがするのだ。意識を集中すればよい物が減るということも関係あるかもしれない。
やはり、毎日毎日目に入るもので気分が良くならないものは、意識には良くない影響を与えているということがよくわかった。

この経験を機会に、いろいろネットで調べていると、ミニマリストや断捨離という言葉に行き当たり、また、いろいろと書籍が出版されていることも知った。(例:筆子ジャーナル)
とりあえずは、『新 ガラクタ捨てれば自分が見える』というカレン・キングストンという英国の風水研究家の女性の著書を買ってみた。

以前からの憧れであったシンプルな生活、できればミニマリストを目指し、これからも少しずつスッキリした環境に変えていこうと思う。

| | コメント (0)

2011.08.20

今朝の空

今朝の空
今朝の空
今朝の空
曇り。
雨が降りそうだ。
鳩がブーポー・ポッポーと鳴いている。

休みもこの土日でおしまい。
月曜日から、また仕事の熱い日々が続く。
6時前に起きて、ルナの散歩もシャンプーも済ませた。
10時からは歯医者だ。
今日から2回は、左上奥歯の被せてある歯の軽い虫歯の治療だ。

| | コメント (0)

2011.08.18

今朝の空

今朝の空
晴れ。

10日ほど前、風呂上がりに綿棒で耳掃除をして以来、右耳がボーンと詰まったようになり、少し聞こえにくくなった。
今日あたりから耳鼻科が開いているかと思い、何軒か電話をかけた末、1軒開いていたのですぐやって来た。
耳鼻咽喉科に来るなんて何年ぶりだろう。

今、診察待ち。
たぶん耳垢が奥へ押し込まれて詰まっているんだと思う。
どんなでかい耳垢だろう?

★後日談★
鼓膜の近くに小さな(虫ピンの頭程度の)耳垢がこびりついていたらしいです。
すぐに吸い取ってくださり、違和感が無くなってスッキリしました。
別に鼓膜を塞ぐほどの大きなものでもなかったのに、ちょっと付いているだけでボワーンとする(ちょうど耳に水が入って完全に取りきれなかった時に似ていました)なんて、耳の中の感覚ってほんとうにデリケートなんですね。
「他には耳垢も無いし、鼓膜もきれいだし問題はありません。」とのことでした。
よかったよかった。

| | コメント (2)

2010.03.14

読了『地球アップリフト』


あの、“小さな宇宙人アミ”シリーズの著者、エンリケ・バリオスの新作。
ちょっと胡散臭いSFチックなタイトルですが、アミに比べると大人向けの物語。
でも、アセンションとは直接関係ない。むしろSF的冒険読み物という感じ。
もちろん、スピリチュアルな雰囲気は満載だ。
僕も、主人公のように、あの美しい女性宇宙人と愛しあいたいなぁ。
抜群に知性的で、抜群に情熱的な女性には、どうしても惹かれてしまう。

| | コメント (0)

2009.06.06

他責と自責

自責、他責という言葉がある。
ビジネスの世界では、対お客様、対協力会社、対競合他社、対他部署、対同僚など、いろいろな「他」がある。
よく、他責にしてはダメで、常に自責で考えないといけない、と言われる。
これは当たり前のようでいて、「なぜそうしないといけないのか?」と問われると、なかなかちゃんと答えられないのではないだろうか。

他責、これは責任が他にあるとし、自分は悪くないという立場だ。
だから、自分自身は何もしなくてもよく、他が改め変わるべきだということになる。
しかし、実際問題として、他を変えるのは簡単だろうか?
非常に難しい。また、他は無数にあるのだから、他を自分が気に入るように変えようとすれば、時間がいくらあっても足りないだろう。

何か悪い結果が起こったとき、その原因を自分の側に求める(自責)と、改善すべきなのは自分の行ないや考え方であるということになる。
自分は1つしかない。
自分の考え方や行ないを変えるのも簡単ではないが、他を変えるよりはずっと楽だろう。
しかも、その過程で、自分自身が必ず成長するはずだ。

こう考えると、自責の考え方しかありえないだろう。
結局、世の中は、自分がまず変わり、それが伝播して他も変わるという順序でないと、良くはなっていかないのだと思う。

※後日談: 最近、検索サイトで「自責」「他責」をキーワードとして、このページにたどり着く人が増えている。いったいどうしたんだろう?これを読まれた方、何かコメントを下さると嬉しいです。

| | コメント (2)

2008.12.31

今朝の空

P1190052曇り。
晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、ハッキリしない天気だ。

昨日から喘息発作が悪化し、苦しそうにしていた嫁さんが、とうとう明け方4時頃にギブアップし、救急車を呼んで病院へ行った。
2時間ほど点滴をしてもらったりしたが、一向に回復の兆しがないので、そのまま入院となった。
でも、今年は頑張った。
昨年11月下旬に入院して4月下旬に退院してから今日まで、今年は一度も入院しなかった。
8ヶ月以上無入院生活が続いたのは、これまで初めてではないだろうか。
例年では、5月の連休頃と、10月の運動会の頃には、必ず調子を崩して入院していたことを思うと大進歩だ。
今年は、放っておくと無理を重ねがちな嫁さんには何も言わず、好きなようにさせておいた。
いろいろと気を遣って、身体を休めるように言っても聞かないし、言われることが却ってストレスになるというので、グッと我慢して放っておいたのだ。
それがよかったのかどうかはわからないが、今回も、自分から進んで病院へ連れて行ってくれと頼んだところも、これまでにはないことだ。
入院したらしたで、何故か長期化するのだが、今回は、症状からは2週間程度で出られるはずの状態だから、うまくいけば短期で済むだろう。

今年もお正月は御節料理無しでいかねばならない。
ま、いいか。

| | コメント (0)

2008.11.14

今朝の空

今朝の空
快晴。
よい天気だ。

週末。
LDLが高いという健診結果。167ある。shock
明日、病院へ行ってこよう。

| | コメント (0)

2008.04.11

今朝の空

今朝の空
曇り。

朝一番、昨日抜歯した箇所の消毒に行ってきた。やや腫れているが、痛みはほとんど無い。
来週は抜糸だが、予定が合わず、掛かり付けの歯科医で土曜日にやってもらうことにした。

やれやれである。

| | コメント (0)

2008.04.10

親知らず抜歯

午後から退社し、予約してあった医大病院で、横向きに埋まっている右下の親知らずを抜いてもらった。

ほとんど埋まっている歯なので、抜くと言うより、歯茎をガバッと切開して、ギンギン削り、バリバリと割ってほじくり出すという感じ。30分程度で手術は無事終了した。

若い担当医は、レントゲン写真を見、実物を確認して、
「痛くも何とも無いのだったら、放置しておいてもいいと思いますけどねぇ。僕なら放っておくなぁ。」
などとおっしゃるではないか。
おまけに、
「ガバッと開きますから、パンパンに腫れますよ〜」
「この近くには神経が走っているので、ひょっとするとそれを傷つけると1ヶ月くらい痺れが残ることもあります。」
などと脅すではないか。

話が違うんじゃ?
掛かり付けの歯医者も、最初に診察してくれた医大病院の医師も、この親知らずは奥歯がうまく磨けないために深い歯周ポケットの原因になっているから抜いた方がいいと言ったのに!

いろんな思いが頭を駆け巡ったが、せっかくこの1ヶ月余りは不安ながらも意を決してこの日を待っていたのだからと、決心がぐらつかない内に、キッパリと
「いや、抜いてください。」
と言った。

手術中は、顎が外れるかと思うくらいグイグイと押されて怖かったことと、縫合するときにえらく痛かったこと以外は、ほとんど痛みもなく、30分で済んだ。
麻酔は切れたが、今のところ、強い痛みも腫れもなく、無事に経過しているようだ。
しかし、次に予定している左下の親知らずは、すぐには抜かないで暫く様子を見るべきかもしれないと思った。

| | コメント (2)