2016.08.19

断捨離事始め

ずっと前から気に懸かっていたこともあって、夏季休暇を機会に、家の中を整理しはじめている。
まずは、家の中では毎日最も長い時間を過ごしているLDKから着手。
この2~3日でやったことは下記の4点。

①食器棚の空間部分?(なんというのか食器を入れる棚の下、引き出しの上の部分)にいろいろ雑然と置かれていた飲むことのない薬類や化粧品等のゴチャゴチャをスッキリ
②電子ピアノの上に置かれていた書類や楽譜、帽子、布切れ等々のゴチャゴチャをスッキリ
③テレビの横、ステレオの下のカラーボックス内の書籍類、CD、MD等ホコリだらけ、かつ雑然と置かれていたのをスッキリきれいに清掃・整理・整頓
④電話台にしている特注の棚の上のゴチャゴチャをスッキリ。
⑤冷蔵庫の上に置かれた使っていないホコリだらけのプラスチック製品類の整理

このほか、階段下の廊下に長年置かれていたハンガーラックおよびそこにぶら下げられていたホコリだらけの着られることもない服、スカーフ、帽子類を一掃した。
その他、ゴミの日ごとに、溜まりに溜まっていた雑貨品、雑誌、書籍、服類を捨て始めている。

やってみてよくわかったことは、頭の中もスッキリし、意識がクリアになること。
意思が強くなったような感じがするのだ。意識を集中すればよい物が減るということも関係あるかもしれない。
やはり、毎日毎日目に入るもので気分が良くならないものは、意識には良くない影響を与えているということがよくわかった。

この経験を機会に、いろいろネットで調べていると、ミニマリストや断捨離という言葉に行き当たり、また、いろいろと書籍が出版されていることも知った。(例:筆子ジャーナル)
とりあえずは、『新 ガラクタ捨てれば自分が見える』というカレン・キングストンという英国の風水研究家の女性の著書を買ってみた。

以前からの憧れであったシンプルな生活、できればミニマリストを目指し、これからも少しずつスッキリした環境に変えていこうと思う。

| | コメント (0)

2013.02.24

クラウド・アトラス

3月15日から上映の映画「クラウド アトラス」が面白そうだ。
あらすじを見る限り、輪廻転生、ソウルメイトがテーマのようだ。
スピリチュアルな人からすれば当たり前の概念なので、プロモーションフィルムに出てくる「人生の”謎”が解けようとしている」とは、ちと大袈裟ではないか・・・。
でも、原作を読んでみたい。

| | コメント (0)

2012.06.01

今朝の空

今朝の空
今朝の空
晴れ。
暑くなりそうだ。

今日から6月。
あと1ヶ月で今年も半年が過ぎる。
年々、時間の経つのが速くなるように感じる。
大事に使わねば。


昨日は世界禁煙デー。
会社でも、定時内は全面禁煙だった。
我慢しきれるか心配だったが、案外苦痛なく一日堪えられた。
そのまま本当に禁煙に突入してしまえばよいものを、また懲りずに惰性で吸ってしまっている。
次に値上げするときには、止めてしまおうか。

| | コメント (0)

2012.02.16

読了 『町工場巡礼の旅 (小関智弘著、中公文庫) 』

2冊目に読んだ小関智弘さんの著書。
全国の町工場を訪ね歩き、インタビューしてスゴ技を持つ職人、工場をまとめておられる。
技術だけでなく、その裏にある人間模様もうまく描き出していて飽きさせない。
この本を読んでいると、日本の技術もまだまだ捨てたもんじゃないと勇気が出てくるのだが、それでも現実は厳しく、町工場は不況の波の前に次々に減少している。
大企業は、協力工場であるこんな素晴らしい技術を持っている町工場をもっともっと大事にしていかねばならないと思う。
逆に、大企業も負けないように、もっと自分たちの技術力、製造力、販売力を磨き上げなければならない。
韓国、中国になぞ決して負けないはずなのだ。


| | コメント (0)

読了 『春は鉄までが匂った (小関智弘著、ちくま文庫) 』

図書館でふと目に止まり、小関智弘さんの著書を初めて読んだ。
若いころから旋盤工として長年町工場で働いてきた小関さんが、旋盤工ならではの視点で、町工場やそこで働く人達のことを書いているエッセーというかルポルタージュである。
自分でもボール盤やドリル等を扱い少しは板金工作もするが、エレクトロニクス系のことがメインだった僕には、鉄を削る旋盤工の仕事が新鮮であり、また、当然のことながら、そこにも技術の奥深さがあることを知った。

いくら最新鋭の機械があっても、それを扱う人間にこそ経験に裏付けされた知恵があり、その知恵なくしては良いものができないということは言い得て妙、納得できる。結果は同じでも、それを作り上げるためのプロセスこそに個性が出て、知恵の入る余地がある。

年を取ってから、旋盤界の新技術とも言えるNCマシン(数値制御の工作機械、要はコンピュータ制御による切削機械である)をマスターされたことにも、頭が下がる。
NCマシンのプログラミングにも、やはり鍛えられた職人の知恵が盛り込まれていないと、よい工作はできないようだ。

半導体設計の世界も、理屈だけではうまくいかない。特にグランドや電源系の配線など、ノイズに強くして、ピュアな信号を伝えるレイアウトは経験がモノを言う。こうした“知恵”を伝承すべき、シニア技術者が、なんの配慮もなくリストラされていくのを見るのは忍びない。
知恵を残す組織、会社でなければ、この厳しいメガコンペティションの世界を生き抜いていくことはできないだろう。


| | コメント (0)

2011.11.20

読了『時間のかかる彫刻 (創元SF文庫) by シオドア・スタージョン』

面白かったのだが、よくわからない作品も多い。
読後感がちょっと複雑・・・。

| | コメント (0)

2010.09.12

読みたい本メモ「ビューティフル・マインド~天才数学者の絶望と奇跡」

天才数学者でありながら、精神分裂病に苦しんだ男、ジョン・ナッシュ。
彼の最も偉大な業績は、1980年代に経済学に大きく浸透した「ゲーム理論」の確立である。
経済学者でもあり、ジャーナリストでもあるシルヴィア・ナサーの、ジョン・ナッシュの人生をあらゆる側面から見つめる伝記。
彼女は、ナッシュの数学理論を知的かつわかりやすく解説すると同時に、精神分裂病の厳しい現実を浮き彫りにする。

| | コメント (0)

2010.08.29

読了『私の夢・日本の夢―21世紀の日本 (松下幸之助 著、PHP文庫)』

こんな本が出ていたことを知らなかった。
しかも、40年近く前に。
とても良い本だ。
(この文章は、書きかけです)

| | コメント (0)

読了『世界のトップリーダー英語名言集(デイビッド=セイン,佐藤淳子 著、Jリサーチ出版』

1ヶ月ほど前に読み終わっていたのだが、紹介するのが遅れてしまった。
内容紹介をそのまま引用すると、世界のビジネスリーダー125人、212の英語名言を、Success(成功)、Dreams(夢)、Leadership(リーダーシップ)など、16のテーマに分けて収録してある。
印象に残ったのは、シャネルの創業者であるココ・シャネルの
"In order to be irreplaceable one must always be different."
(かけがえのない人間になりたいのなら、 いつも人と同じことをしてちゃだめよ。)
という言葉だ。
"irreplaceable"な人間になりたい。
人と同じことをするのが嫌いで、道を歩くにも人の後を着いて行きたくなかったが、そんなんじゃダメだよね。
気持ちはコレで居たい。

| | コメント (0)

2010.06.19

読了『スティーブ・ジョブズ 成功を導く言葉』

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズの金言集とでも言える。
50の言葉が、背景とともに紹介されている。
どれも説得力のある良い言葉である。
そして、スティーブ・ジョブズも、非常に物事を突き詰めて考察している。
非常に読みが深い。
また、根っからのマーケティングマンである。
とても参考になる名言ばかリだ。

| | コメント (0)